あなたは知ってる?結婚指輪と婚約指輪の違い

婚約指輪と結婚指輪に込められたの意味

婚約指輪と結婚指輪の根本的な違いは、婚約指輪が男性から女性にプロポーズの時に贈る指輪の事で、結婚指輪は、結婚式の時にお互いに交換をするペアで作られている指輪の事です。
婚約指輪は、以前はプロポーズ時に男性から女性に渡すのが一般的でしたが、現在のカップルは婚約をしてから2人で気に入った婚約指輪を探す事も多くなっています。
また、婚約指輪と結婚指輪には外見的な違いもあります。
婚約指輪は、エンゲージリングとも言われていますが、ダイヤモンドが最も有名な石とされていますが、誕生石を使用するのも婚約指輪の特徴のひとつとなっています。
結婚指輪は、マリッジリングとも呼ばれていますが、婚約指輪とは異なり一生指にはめることを想定しているので、金やプラチナで作られたシンプルな指輪多くなっており、女性用も家事や育児に邪魔にならないような小さいな石を利用する事が多くなっています。

婚約指輪と結婚指輪のはめ方

婚約指輪と結婚指輪には、大きな違いがある事を説明しましたが、実際に指にはめるタイミングや意味もあります。
婚約指輪をはめるのは、一般的に女性になりますが、婚約指輪を受け取ってから結婚式の当日までは、左手の薬指に婚約指輪をはめておきます。
結婚式の当日は、結婚指輪を互いに交換する時に左手に婚約指輪があると邪魔になってしまいますので、右手の薬指にはめかえておき、結婚指輪を左手の薬指にはめるようにします。
結婚式が終わり、落ち着いたところで、右手にはめられている婚約指輪を左手の薬指に結婚指輪と同じようにはめるのが基本的な決まりになっています。
しかしながら、婚約指輪はデザイン的に複雑であったり、日常生活においても邪魔になる事も多いので、普段ははずしている人もいますが、結婚指輪は周囲の人に自分は結婚をしているというアピールになるので、外さないのが一般的な考え方になっているといえます。

トレンドの結婚指輪を銀座で購入するには、複数の宝石店が入っているショップを利用すると見つけやすくて良いです。